無料ブログはココログ

タイドグラフ

雨パターンを検証

先日近所の河川の河口で平鱸が、濁りの中で連発しました。市場前でも平鱸は時期によって入ってきますから、なんらか条件があるのかもしれませんね。

そこでふと思ったのが雨の濁りが入る磯ではなぜか平の釣果がいまいちなんです。この次の日も磯へ行くと、かなり濁っていました。そこでなるべくクリアーのところを叩いていきます。わずかにルアーに触る程度、活性が低くショートバイトが続きます。なんとか丸一日かけて5本釣るものの40-50とサイズが伸びません。

モンモンとするなか次の日、まだ波が残っていそうでしたので、クリアーな場所を探してポイントへ入ります。偶然そこは小さな河川流入がある磯。普段ほとんど水がありませんが、この日は雨の影響で流れが出来てました。その先に薄いもののサラシが広がっています。一投目、チンパンを通してみると、「パンっ」とはじかれますが、昨日とうって変わって活性の高さを感じました。もう一度通すものの乗りません。

ここでルアーのサイズがあってないと感じ、すかさずビバノンに変えます。そしてまた同じコースを通すとほぼ着水と同時に捕食していました。

それからはわずか二時間。日が沈む間、1キャスト1バイトもしくは2バイトが続きます。

昨日はあれだけやっても反応が悪かった平鱸。条件さえあえばこうも釣れるのかと改めてこの釣りの条件、潮位、ベイト等々感じました。久しぶりに70アップも混ざりすっきりする釣行を楽しめました。

次回、雨降ったあと、他の河川流入がある磯に平鱸が集まっているか検証してみたいと思います。

074

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

タフマニアンデブルとヒラスズキ

011

先週日曜日、早朝カマス釣り行きました。50センチ前後のオオメカマスがポツポツ釣れるのですが、前日の急激な冷え込みのせいか活性が低くショートバイトが続きます。そこで波高2メートルの予報どうり若干波がありましたので、ヒラスズキ釣りに変更。

干潮が8時ぐらいでちょうど上げ潮にさしかかっていたので、干潮でぎりぎり入れるポイントへ移動します。ポイントは良い感じでサラシが広がっていて、サラシの真ん中を通すと1投目で釣れたのが80センチ。

すかさず同じサラシを通すと連発して、全部で7回当たってキャッチは4本でした。

まだ粘れば釣れたのですが、帰り泳ぐことになるので諦めました。

ほとんどサラシのど真ん中に定位してて活性も高く反応も良かったです。

残念なのが、タフマニアンデブルのフローティング使ったので、バラシが多かったことです。例年この付近は大型の平鱸連発するのでまた通ってみます。

ロッド :WILD BREAKER 113R 
リール:DaiwaSEAGATE4000
ライン :PE1,2号とフロロ40lb
ルアー:タフマニアンデブル

80アップの平鱸

今月に入って鯵釣りばかりだったので、リハビリがてら久しぶりに磯歩きに行ってきました。時間はお昼12時、干潮が16時30分ぐらいでしたので15時がジャストの潮位のポイントを選択。急いで準備してでかけます。

ポイントへ着くと波は薄いもののスリットにはいいサラシが広がっています。そのスリットを狙いタフマニアンデビルを使います。一投目ゆっくりリーリングしてくると一発で乗りましたshine

約60センチぐらいの平鱸ですnote

即リリースして、すかさずそのスリットにキャストすると・・・

連続ヒットhappy02

サイズは先ほど同サイズ。

これもすかさずリリースします。

今度は沖に見えるスリットを狙います。いつもはチンパンで狙うポイントですが、今日はタフマニアンデブルの飛距離テストも兼ねて狙うと、余裕で届きますspa

ここは出ればいいサイズが釣れるポイントなので、じっくり攻めますが・・・

釣れません。タフマニアンデビル、チンパン、ビバノンとローテーションしますが、反応なし

そこで先日チンパン先生に、トウィッチ入れてと真価を発揮しますのでと言われていましたので、サラシに入れた瞬間トウッチ入れてタフマニアンをスティすると・・・

「ドン」って当たりがありのりましたshine

今度はトルクもありなかなかの引きです。まぁまぁサイズとわかりゆっくりやりとりすると浮いてきましたhappy01

しかしフック一本でバレそうでしたので、ドラッグを少し緩めて走らせ、再び上手くフッキングさせて最後は波に乗せてランディングしました。すると・・・

久しぶりの80アップhappy01

003

体高もあり久しぶりにカッコイイ平鱸でした。

今の時期の平鱸は産卵がらみでいるポイントといないポイントの差が激しいですね。次回は40.50の数釣り出来るポイント行ってみます♪

ロッド :WILD BREAKER 113R 
リール:DaiwaSEAGATE4000
ライン :PE1,2号とフロロ40lb
ルアー:タフマニアンデブル・チンパン・ビバノン

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

リベンジ釣行

先日焼け野原をくらい、エリアを大きく変えるため、今回は自分自身でもめったに行きません、ちょっとコアな場所を攻めます。

ポイントへ着くと、最近人が入った形跡もなくクモの巣だらけです。ここは本来なら満潮から下げ潮で入れば、結構数がでるのですが、波は落ちていく方向なため、少々時間は合わないのですが釣りをスタートします。案の定サラシの広がりかたが足元だけで、沖はウネリのみ。

海岸線と並行より若干斜めにチンパン引きながら移動していきます。次々にチンパンにあたるのですが、ショートバイトが続きます。モンモン、ビバノンとローテーションするのですが?サラシがたりないのか、ショートバイトの連続。途中平鱸のボイルにもあたるのですが、1投目に反応があるだけ・・・

「何かがあってない」

奥の手でちょっとしたルアーをキャストすると、丸のみしました。しかしこれ以上やってもゲームセイが薄いので、このルアー使用やめたところで終了としました。

結局平鱸は16/9。ショートバイトまで入れると数はわからないぐらいあったってました。

002

胃の内容物を見るためと、お客さんが食べたいって頼まれたため、久しぶり最後の2匹だけをキープしました。

次の日胃の内容物調べてみると、約5センチぐらいのキビナゴを大量に捕食してました。

次回フライ持ってたら入れ食いかなぁ・・・

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

焼け野原(>_<)

火曜日、北西の風波高4メートル。絶好の平鱸日和です。前日の雨の濁りが気になるとこですが、昼から行ってみました。現地に着くと、案の定若干の濁り。まぁベイトも寄っているだろからなんとかなると考え磯へ向かいました。

一箇所目、平マサも時期的に釣れる場所、とりあえず平鱸を狙いますが、サラシの広がりかたの割に沈黙・・・・普通少なくて5本。いい時で御大が30本ぐらい釣っている大場所なのに、結構タイトに攻めて、ルアーを交換し、あの手この手で攻めますがやはり無反応です。

約1時間やりつくしましたが、平鱸からの反応は全くなく、とりあえず沖の磯周りにキャストして、平マサを狙います。するとかなり小さなあたり、もう一度同じ場所を狙うと、まさかの40センチぐらいのヒラフッコsad

このあたりからおかしいと感じはじめます。

そして二箇所目、ここは数よりサイズが有望な場所。サラシの広がりかたはベスト。若干の濁り。とりあえずここという場所にルアーを通しますが無反応。ここもトレースコースを変えるものの、まったく平鱸からのコンタクトはありません。諦めて普段しないゴロタを攻めると、ここでもまさかのヒラフッコのショートバイトsweat02

これはかなりおかしい。

そして大きくエリアを変えて、防波堤の平鱸に変更。ここで3回バイトがありようやく60アップ一本釣れました。ここで今日は釣りに行っていないはずの御大に連絡。

状況を、話すると一言。

「朝UZUのカリスマが攻めたあとだよ。」「何やってんのお前。」

・・・・

そりゃ釣れないはず、久しぶりに味わった。

「焼け野原。」

まさに、ペンペン草も生えないとはこのことです。

そして次の日、リベンジを誓いました。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

パワースポット

日曜日、昼から雨も上がったので釣りを兼ねて南薩に行ってきました。

そこで、以前から知ってはいましたが、行ったことないポイント?

最近パワースポットで有名な・・・

釜蓋神社」に寄ってみました。

すると結構観光客多くてびっくり、おまけに新しい看板沢山たってるしぃ

001

皆さん頭に蓋を乗せて歩いてました。

003

僕は、ウェダー履いてお参りしてたのでsweat02蓋は乗せずにお参りshine

おかげ?新しいポイントも見つかり、平鱸も 2匹釣れました。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ
にほんブログ村

ひさしぶりに

ひさしぶりに、磯平スズキに行ってきました。風は北東、小雨まじりで濁ってなければと思いながら行くと、現地の海はクリアー、潮いい感じ流れ釣り始めると・・・

全部で12本バイトがあり、キャッチは6本。最大70ちょいぐらいでした。

実はこの北東の風、夏から秋の平パターンをつかむのにかなり苦労したんです。だから思いで深いなぁと感じながらの釣りでした。ちなみにこのポイントは夏から秋に通ってましたが、最近は、かなり久しぶりです。なぜなら家から90キロ離れてるからです。

暫く、東系統の風吹くからまた近々通ってみます。写真はiphone4が濡れたら大変なんでありません。また天気の良い日に、いい写真取れたらアップしますね。

平鱸ガイド変

今月の某日、友人のこじろうくんとイカ釣りに行った時の話。6時半の時点で、飽きてきて移動する?と聞くと「いいですよ!」と応えるこじろうくん!

何かの話で平鱸の話題になり。「なんでいかないんですか?」

だって釣れる魚を釣っても面白くないじゃないかぁと応えると・・・・

またぁ~って顔したのでぇ・・・

平鱸釣りに行くことにsweat01

「泳ぐけどいぃ?」と聞くと・・・

快く応えてくれたのでいざ平鱸釣りにnote

最初のポイント!まず間違いなく釣れる場所へ案内happy01

そして絶対釣れるからと3投目にきたぁのがこれ

20100609075036

なかなか物持ち写真ないので、記念に撮ってもらいましたぁhappy01

ってなぁ感じで最近めっきり平鱸釣ってなかったのでそろそろ頑張りますnote

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

爆風でした

波高6メートルの予想、正直台風ですこの波はcoldsweats01

一応確認のために行ってきました・・・

まだ波は、上がりきっていないものの、前線のウネリが残っていて多少波が高い程度・・・

最近連発しているポイントに入るものの、この冷え込みと、降雨量が気になるなかスタートいつも反応がある場所を、しつこく通すものの、無反応・・・

では反対側をと、チンパンチャートカンパチをトレースすると・・・

乗りましたnote65センチぐらいだったでしょうか?まだプリのナイスプロポーションの平鱸でしたhappy01おまけにチンパン丸呑みしていて、狙って釣った感じがしました。

先日紹介した、ウエットフライ探求読み返して、シンキンペンシルをドリフトさせると、本当に、綺麗にフッキングすのんだなぁと改めて思いました。

結局バイトは、この一発のみsweat02

その後、オオメカマス釣りしたのですが、ライン風に引っ張られるし、ヒョウに打たれるし終了しましたsad

オオメは最大52センチの13匹(釣りが成立しなかった)

釣りしていて、シロサギは飛ばされてくるし、200ℓのクーラーボックス飛んできますしぃ波は防波堤超えてくるしぃ、さすがに生命の危機を感じましたsweat02

こんな日に釣りは無謀でしたsweat02

(3/9日現在平47♪)

シンキングペンシル

平鱸釣りは、決して数釣りではありません。僕の中の平鱸釣りは、そこにいるかぁどうかぁ?探すことのほうが結構おもしろいんです。自分が描いたポイントに風、波の方向をみながら、時間と潮位を合わせて、1投目で釣れたときの感動が全てです。サイズは時の運?ですからあんまり気にしていません。大きいの釣りたくないって言ったら嘘になりますが・・・coldsweats01

しかし本気で数釣りたいと考えるなら、シンキングペンシルを是非理解してください。圧倒的な飛距離と、いかに理にかなったルアーかぁわかりますから・・・

シンペンはどうもって方はこれから先は無視してくださいconfident

ミノー・バイブ・ソフトルアーももちろん釣れます。けどもっと釣れるのシンキングペンシルです。それを理解するのに是非読んで頂たいのがこれ・・・

沢田賢一郎の「ウェットフライ探究」

フライの世界の話なのですが、ルアーやフライを魚どうみてるかぁ?なぜ流されことが重要か?全てがこの中に書いてあります。そしてこの間も書きましたが、川は、海を断片的に切り取った世界で、川に通うとあの広い海で、どうしてこのポイントなのかぁ?釣れる理由がわかってくると思います。すると新しいポイントへ入っても魚の着く場所が、わかってくるのではないでしょうか?すると必然的に釣果は、上がってくると考えてます。

釣りは魚を探すことが一番楽しい遊びだと考えてる一人なんでcoldsweats01

20100305174353

顔文字教室

お気に入りのサイト

最近のトラックバック