無料ブログはココログ

タイドグラフ

« シーバス釣り | トップページ | 初競り »

雨パターンを検証

先日近所の河川の河口で平鱸が、濁りの中で連発しました。市場前でも平鱸は時期によって入ってきますから、なんらか条件があるのかもしれませんね。

そこでふと思ったのが雨の濁りが入る磯ではなぜか平の釣果がいまいちなんです。この次の日も磯へ行くと、かなり濁っていました。そこでなるべくクリアーのところを叩いていきます。わずかにルアーに触る程度、活性が低くショートバイトが続きます。なんとか丸一日かけて5本釣るものの40-50とサイズが伸びません。

モンモンとするなか次の日、まだ波が残っていそうでしたので、クリアーな場所を探してポイントへ入ります。偶然そこは小さな河川流入がある磯。普段ほとんど水がありませんが、この日は雨の影響で流れが出来てました。その先に薄いもののサラシが広がっています。一投目、チンパンを通してみると、「パンっ」とはじかれますが、昨日とうって変わって活性の高さを感じました。もう一度通すものの乗りません。

ここでルアーのサイズがあってないと感じ、すかさずビバノンに変えます。そしてまた同じコースを通すとほぼ着水と同時に捕食していました。

それからはわずか二時間。日が沈む間、1キャスト1バイトもしくは2バイトが続きます。

昨日はあれだけやっても反応が悪かった平鱸。条件さえあえばこうも釣れるのかと改めてこの釣りの条件、潮位、ベイト等々感じました。久しぶりに70アップも混ざりすっきりする釣行を楽しめました。

次回、雨降ったあと、他の河川流入がある磯に平鱸が集まっているか検証してみたいと思います。

074

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« シーバス釣り | トップページ | 初競り »

平鱸釣り」カテゴリの記事

コメント

雨後のヒラは河川だといいんですね。
たぶんベイトが河口とかに集まるからでしょうか?

こんにちは!
先日はお疲れ様でした、私は疲れて家で大人しくしておりますよ。綺麗な姿のヒラ鱸ですね。

山猫玉三郎さん。
まだはっきりとはわからないのですが、
雨のあと河川からめるといい釣果得られてます。
次回他のポイントで試してみます。

esu3goさん。
先日はお疲れ様でした。来年リベンジしますね♪( ´▽`)

いつも、スターさんのブログはワクワクします。
う~ん!!bearing
そちらに、住んで僕も一緒に検証したいです。wink

K-5さん
是非ともよろしくお願いします。
来年春は寄って下さいね案内します。

ショートバイトって一体どのような状況なんでしょうね。フックアップしない状況で良く使われがちな言葉であり、安易に活性が低いと結論づけられがちな言葉ですが果たしてそうなのでしょうか?20年以上この釣りをやってきましたが、未だに疑問です。恐らく人間側の勝手な後付けの考察であって(昔からよく言われているヒラスズキは補食が下手な魚だみたいな)、魚側から見るとなんだ偽物のエサだなっていうところではないでしょうか。結局のところ魚に聞いてみないと判らない事なんですけどね。

ヒラ狂いさん。
コメント有難うございますhappy01
20年以上もヒラスズキ釣りなんて素敵です。
私はまだ十数年の若造です。
本当に貴重な意見有難うございます。
ショートバイトについて私もいろいろと思うことがあります。
そこで後日記事に書いてみますのでまたご意見お願い致しますm(__)m

突然ですが少し愚痴らせて下さい。私の地元でも若い子を中心に最近ヒラスズキを始める人が増えています。恐らくあらゆる釣りの中でも最も危険の伴う釣りのひとつであると私は思っていますが、人が増えると色々と釣果情報が伝わって来るので大変良いことと感じています。しかしその反面ちょっとマナー違反じゃないか(私の独断と偏見かもしれませんがエサ釣りも含めてそれなりの経験と常識は備えているつもりです)という様な事を体験したり聞いたりします。例えばまず先行者がいた場合、普通そのエリアは遠慮するのがヒラスズキ釣り師としてのマナーであり、ある意味釣り人の間の暗黙の了解の様なものではないでしょうか?確かに海は誰の物でもありませんが釣り人同士のそういった法律に定められていないルールも実はとても大事ではないでしょうか?その日の風や波、潮位をにらんでやる気まんまんでポイントに入ったのに後から来た人にどんどん先のポイントを攻められていくあの何とも言えない腹立たしさと虚しさ…。確かに後から来ても釣りをする権利は誰にでもあるんですけどね。長々とこぼしてしまいましたが結局はもっと広い心を持たないといけないのでしょうか?私には多分無理です。何故なら少しでも多くのヒラスズキを自分のその日選んだエリアで釣りたいからです。人から見るとただ単にがっついている釣り人にしか見えないかもしれないですね。けれども風、波、潮位、ベイト等あらゆる条件を考慮して狙っているからこそ人に邪魔されたくないというのが正直な気持ちです。スターさんや他の閲覧者さん達はいかが思いますか?

ヒラスズキマニアさん。
コメント有難うございます。本当に難しい問題ですね。僕も同じような場面に遭遇したことがいくつかあります。なのでなるべく先行者がいるポイントではエリアを変えて釣りをするよう心掛けてます。
ヒラスズキマニアさんも風、潮位、波、ベイトを考慮して釣りされる素晴らしいアングラーさんなのですね。その考察力があればもっと素敵なポイント。エリアを見つけられると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216913/43179180

この記事へのトラックバック一覧です: 雨パターンを検証:

« シーバス釣り | トップページ | 初競り »

顔文字教室

お気に入りのサイト

最近のトラックバック