無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

川鱸釣り~♪

これからの季節は、雨が降ったあとの川鱸釣りが楽しい♪河川が増水すると稚アユが遡上し、それにくっついて丸鱸さん達も上っていきます!鹿児島県内はあまり大河川がないので、中小河川が中心となってきますが、結構探してみると面白いです!なによりも日中でも釣れちゃうのが、いいですね。外道?としてチヌ・キビレも釣れます。

前は平鱸が釣れなかった帰りとかに、よくリハビリに心を癒してもらってましたhappy01

そんな丸鱸も、きちんと狙えば充分楽しいターゲットですよ♪

釣り方はまた近々紹介したいと思います。ちなみに今日は、一日雨なので、のんびり川鱸用のフライとか巻いてみましたup

001 downwardleft色はあんまり関係ありませんsweat01

003

002 downwardleftウエットでも釣れちゃいますnote

こんな感じで今日はまったりと過ごしてますcatfaceほんと春は忙しいですねsweat01

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

記憶に残る爆釣~

平鱸釣りをはじめて10年余り…昨日の出来事のような強烈な印象のが残る釣りがいくつか?ありますが、今回の釣行もその一つとなりそうですhappy01

昼前にポイントへ到着、潮は下げきった感じで若干地合を逃してますsweat01風は北よりの風で、波はウネリが残り追い風になりルアーが良く飛びそうです。とりあえずいつも平鱸が付いている手前のポイントからルアーをトレースしますが…無反応down完全に魚が沖の磯に移動したようです。そこからチンパンを振るキャストした一投目sign02約90メートル沖のブレイクラインで…

ヒット~!

乗りましたhappy01

かなり沖目に魚が付いていますsweat01もちろん引きは充分楽しめるのですが…寄せるのが結構大変coldsweats01約5分ほどファイトしランディングすると70あるかないかのアベレージサイズhappy01

すかさず同じポイントをラインスラッグ入れながらチンパンを通すと…

ヒット~!

先ほどとまったく同じ作業をしながら、寄せてみると先ほどよりは、若干小さく感じますが…まあそんな事は関係ねぇ~と思いながら次を狙います!ここまでは普段もよくあることなのですが…実は同サイズの入れ食いが8本も続きましたhappy02

2008319_009_2 downwardleft余裕が出てきて水中写真などとりましたhappy01

2008319_004 downwardleftチンパンくわえてますfish

2008319_008

それから多少写真取りましたが…ヒットポイントがかなり遠いため一匹、一匹寄せるのが凄く疲れ、この日一番の80弱を寄せるときは、休憩しちゃいましたcoldsweats01

2008319_013

2008319_017

2008319_011downwardleft チンパン飲んでますってcoldsweats02

2008319_019

downwardleftあんまり意味がなくなりこの辺で写真とるのやめましたcoldsweats01

結局この日この一つのポイントで22回バイトがありキャッチは15本でしたhappy02

もちろん今までもこんなに爆釣は何度となくありましたが、今回は全体的にアベレージが大きいのと、シンキングペンシルの楽しさを改めて感じました♪後半平鱸のバイトがあるとあわせずに、若干ラインスラッグを送り、チンパンを飲ませるようになりました。これはどうゆう事かというと、シンキングペンシルをうまーく漂わせるように事が出来ると!きちんと口のなかに入り飲みます。するとほとんどばれる事がなくなります。数釣れる時はいろんな事が試せるためほんと勉強になりますhappy01

もう一カ所、この近くで同条件で、平鱸が釣れる場所をチェックしましたが、5投して全部ヒットしてきたため、今日の釣りにはあまり意味がないことに気づき終了しました。

にほんブログ村 釣りブログへ

フライで平鱸を釣る

前線通過後心配していた降水量も少なく、海の濁りもなく潮を流れていて結構クリアーでした。あとは魚がいるかどうか?だけ、今の時期の平鱸釣りは、結構さがすのが難しい釣りでベイトがどこにいるかわからないだけに、河川回りなのか磯回りなのか迷うとこです!例年だとキビナゴが産卵で沿岸に寄りはじめる季節なのですが、今年はキビナゴ漁も不漁downまあまあまり深く考えずに行ってみることに…

タックルはダブルハンドの10番、ラインシステムはシューティングヘッドのタイプ2を使用フライはワーム用の3/0を使いある程度アピール力で勝負happy01早速ポイントに入りフライを30ヤードほどキャストして、いつも付いている場所にピンポイントでフライをトレースすると一投目で…

ヒット!

60ちょいあるでしょうか?まだ産卵前のまあまあサイズhappy01引きも今の時期がパワフルで楽しいnote

2008319_001

そしてちょこっとポイントをずらしいフライをトレースすると…

連続ヒットhappy02

2008319_0101 downwardleftほぼ同サイズでしたhappy01

結局4バイト2キャッチでしたが…満足のいく釣行となりましたuphappy01

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

フライでカマスなど…その2

先日久しぶりに、フライでカマス釣りにいったら…見事にやられましたdown条件が遇ってないとはいえ、これはこれでかなり悔しかったweepそこで今回は条件をある程度あわせての釣行くとなりましたup

天気は曇り時々雨、そして風も吹いて結構海もうねっていました!現地に午後2時過ぎに到着sweat01潮がいってるのか、海は結構クリアーで期待がもてますhappy01早速準備にとりかかります。タックルは、フライロッドの10番シングルハンド、ラインは前回タイプ4のシューティングを使いましたが…ほとんど沈めなくて良いので、今回はタイプ2を使います!これはリトリーブスピードがスローなので、沈下速度が遅いほうが有利と判断!まあオオメカマスなんでなんでもいいのですがcoldsweats01

フライは4番のサーモンフックを使ったマラブーストリーマー!前回1900年代のフライを使用し、一匹釣るごとにフック折れて、(錆びてました)ブレイク興行の御大に笑われたのでdowncoldsweats02今回は2008年バージョンというか?ちゃんと巻きましたhappy01

ポイントは足下なので、15ヤードほどキャストし、リトリーブはショートストロークのスローです。まず一投目とりあえず30ヤードほどキャストしてみると、きましたhappy01やはりかなり手前にきてから乗りましたupまあまあサイズの40アップfish

釣り方というか?パターンもだいたいわかっているので、今回はいかに集中して短時間で数釣りできるかやってみますsweat01カウント10秒ほどラインを沈めて、1キャスト1ヒットが続きますnote途中楽して数伸ばそうとドロッパーシステムにしますが…さすがにオオメカマスといえ50センチ近い魚が、②匹かかればかなり竿が絞り込まれsign04効率が悪いのとランディングの際に暴れてもつれるので直ぐにやめましたcoldsweats01

結局肩が痛くなってきたのと、集中力が切れてきたので2時間で終了しました。結果はヒットは60以上ありランディングの際、テトラの隙間に落としたためキャッチは42匹でしたhappy01

2008319_025 downwardleft最大は52センチhappy02

全部14キロほど捕獲up正直疲れましたcoldsweats01これでリベンジ達成しばらくカマス釣りには行かなくてよさそうですnotes

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

シューティングスペイ

スカパーで杉坂研治さんが、シューティングスペイとスネークロールを紹介していて、最近本格的に練習中goodようやくシューティングスペイも、安定して40ヤード飛ばせるようになってきましたhappy01

しかし…

よーく考えると、海の平鱸釣り行くポイントで使うとこが、見あたらないdowncoldsweats01

まあとりあえず完璧にキャスティング出来るまでup練習してみますsweat01

20080317113517

桜島が綺麗でしたhappy01

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

フライでカマスなど…

昨日鴨池ブレイク興行の筆頭より、オオメカマスの50アップが釣れてるとup

メールが来てmailtoここ最近多い日で30匹以上釣れた日もあるらしい

Image0841 downwardleft御大から送られてきた画像

この間からそろそろ釣ってみようかな?と思っていたしポイントも、さほど遠くもないので行って見ることにしました。ただ気になるのは天気!オオメカマスに限らずカマスは天気に大きく釣果を左右される魚で、出来れば曇り空、大雨強風なら最高の条件sign02残念ながら今日の予報は、無風快晴とどれ一つも当てはまらなかったdown

現地へ着くと既に、御大は来てらっしゃってsweat01

「今日は駄目だ!当たりが少ないsweat02」とよく釣れた次にの日に聞くお言葉coldsweats01

早速準備にかかり、フライでカマス釣りをスタートしましたdash

しかし…

追っ手はくるものの…全く釣れないdown最後の最後でフライを見切ります

御大も同じような事を話ししていて堤防内を、あちこち移動してました。

もう今日は釣れないのかな?と諦めかけた時sign03

ほんの少し昔の記憶を思い出しちょこっとリトリーブパターンを変えてみると…

乗った!

実に8年ぶりにフライでカマス釣りましたhappy02

2008_001 downwardleft40弱のオオメカマス

そして、サイズアップの45センチを、追加して本日は、終了しました。

帰りに堤防まわりの、烏賊様の様子をみましたが、たいした釣果もなさそうなので、帰って干物作りました

2008_002

次の釣行は、せめて曇り空にでも行きたいですねcoldsweats01

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

潮位について…

磯平を釣る時に、僕自身が重要にしてる潮位についてpaper少し触れたいと思いますhappy01

潮位とは?簡単に言えばジアイみたいなもので、いろんなポイントに通っていくうちに気づいた事なのですが、数釣りするために凄く重要なのですnote

例えば…Aってポイントがあるとします!ここはだいたいダイドグラフで150~100がベストの潮位とすると、満潮で260ぐらいが潮位があがる潮でしたら、満潮で叩いても釣れても1匹sign01数回バイトがあって終わりでしょうdown

なぜなら?

まず魚の活性が上がっていない事!活性も上がっていないのに自信のルアーでまわりの活性が上がっていない魚をスレさせてるため、後がでないなどが考えられます!

ではなぜ?ベストの潮位が存在するかsign02これは正直魚に聞かないと、本当の事はわかりませんが…経験則でお話させて貰うと平鱸は、どこにいれば効率良くベイトが捕食できるか?よく知っています。なので潮位が変動していくなかで、次々に移動していくと仮定すると、一番効率よく餌を捕食できると場所に集まってきて、そこで少しでも長く餌を捕食しよとします。当然その時の平鱸は活性は高いしルアーへの反応も良いと考えてます!

そこで磯平に行くまえにまずダイドグラフを見て、潮位をみながらポイントを何カ所か絞り移動時間を考え、磯平ゲームを組み立てて行きます.。そしてなるべくベストな潮位を回れるようします。

あと潮についていうと、案外あまり潮位変動の少ない小潮・長若のほうが沢山ポイント回れるため数が伸びたりします。大潮まわりはあっという間に潮位が変動するために、以外と難しくsweat01逆に、一カ所で魚が入ってくるのを待ってるほうが良いかもしれませんねsign02

これから春は、平鱸が、アフターから帰ってくるタイミングと、キビナゴが産卵で沿岸部による季節が重なるため数釣りが楽しめるシーズンとなりますnote

春烏賊は釣りたいし、渓流にも通いたいfishほんと忙しい季節となりますねcoldsweats01

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

05071510

おすすめDVD(^^)

今度、ザ・フィッシング監修のDVDが発売されますhappy01

今まで放送した村越さんが出演した番組のなかから、5作厳選した番組をDVD化したもpaper

そして…

その中にsweat01

おいらが案内したsign02

甑島の平鱸釣りも入ってたhappy02

数ある番組のなかから選ばれたのがちょっと嬉しかったnote

215_thumbnail

ちゅうか?内容みればわかる思いますが…恐ろしいほどの爆釣なんですhappy02

だって一日中入れ喰いだしcoldsweats02

この日ほどつらい取材はなかった…

だっておいらは入れ喰いしりめ一日タモがかりweep

まあ村越さんには色々お世話になってるのでこれからも活躍して欲しいし応援していきたいと思いますnote

詳しくは村越さんのブログ見てくださいねhappy01

ちなみにおいらもタモ係ででてますcoldsweats01

にほんブログ村 釣りブログへ

2年ぶりの渓流

happy01昨年の春は、デカイカに夢中で渓流どころではなかったcoldsweats01

今年は春烏賊様も遅れてるようなので、外の釣りでもと考えていたらsweat01篤姫のフライフィッシングのkazさんから「昨日ライズ凄かったから一緒に行かない?」と誘われ、実に2年ぶりに渓流の釣行となりましたfish

現地へ着いてみると昨日と気温はあまりかわらないものの、風が強くtyphoonライズははまったくなかったsweat02

そこで川を歩いてヤマメを探して釣ることにfish

この渓流に来たのは実に10年ぶりcoldsweats01まず目についたには河川の汚染!それとやけに水量が少ない事でしたwobblyハッチもなくフライパターンもわからないためdownとりあえずスタンダードパターンで攻めて行くことに…

いわゆる大場所だけを狙って行きます!すると…良い淵がありそこに#12番ドライフライを流すと…

なんの疑いもなくゆっくり出てきましたhappy01

2008_003

初の水中画像happy02

2008_005

21センチぐらいのヤマメ

それからも大場所を中心に攻めていきますが…反応はあるもののsweat01なかなか乗せられませんdown二年のブランクでしょうか?頭ではわかってるのですが右手が動かず合わせられませんcoldsweats01

それからだんだん慣れて来た頃良い淵があらわれ

一投目で乗りましたhappy01

2008_001

26センチヤマメfish

本日最大となるヤマメをゲットしましたgood少し銀化してました

それから20センチ前後を5匹追加し終了しました~fish結局22/7でした!

まあまあ二年ぶりなんでこんなものかなsweat01

今年はもう少し渓流にも通いたいと思いますgemini

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

鴨池ブレイク興行通信♯参

平鱸釣りをはじめて十数年paper

最初は数釣り満足し一日何本釣れるか?でブレイク興行の御大と競ってきました…

しかし…

いつしか目標がかわり…

いつかは90オーバーとfish

大きさは運がかなり関係してきますが、一度は釣ってみたいねと話ししてましたが…

遂に鴨池ブレイク興行の御大がやりましたhappy02

日中磯から…

91センチの平鱸ゲットgood

Arbor_0131

おめでとうhappy02

90オーバーって周りに釣った人何人かいます、決して珍しい事ではないかもしれませんが…はじめて平鱸釣りをはじめた頃、ほとんどデーターもなく二人で鹿児島県内の磯って磯を歩いた友人が釣った事が素直に嬉しかったhappy01

昔村越さんから1000ポンド(450キロ)以上のマーリンを釣った人は、グランダーって世界のアングラーから認められるって聞いたことがありますが、我々磯平氏からみればそれに値する釣果ですねbell

おいらもいつか日中磯から手にしてみたいサイズですねfish

Image0781_2

60アップがセイゴに見えるから恐ろしいですねcoldsweats01

にほんブログ村 釣りブログへ

鴨池ブレイク興行通信♯弐

先日ある定置網に10.6キロから6キロぐらいまでの鰤が、大漁に入っていて一瞬行こうかな?と考えていたら、鴨池ブレイク興行の筆頭が既に磯へ向かってました♪

状況を聴くとやはり鳥山が凄くベイトが寄っていたらしいです!

そしてその日偶然にもマサか鰤か?わかりませんが…

ヒットしたらしく残念ながら切られたらしいです↓

しかしその後きっちり平鱸はキャッチしてきましたhappy01

Image0731

60アップですfish

さすが御大!ただでは帰りませんgood

そしてこの2日後にあるドラマが起きるのです…

にほんブログ村 釣りブログへ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

顔文字教室

お気に入りのサイト

最近のトラックバック