無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

BSE活動!

Photo_19 神戸からBSEメンバー(4人しかいません(¨;))

のひとり江口さんが遊びにきました!

実は佐多に平鱸・デカメッキ・デカイカ釣りに行く予定でしたが…

急遽烏賊ガイドに…

江口さんはBSEメンバーのドン!スラックジャークを生んだあの人?

と共に活動してるだけありエギングの腕はピカイチ(℃

ほっといても釣ります!

おまけに関西で一万人ぐらいいるへらブナのクラブの会長さんヾ(℃゜)々

そんな彼もエギングに魅せられ最近はすっかりエギンガーです(^^)

最近キロアップが連発してる港へ案内し早速釣り開始!

最初薄暗い時間たいにいきなり…

来た~(℃

僕の竿が曲がる!

一発でデカイとわかる引き~

いつものように竿をたてジェット噴射にたえると…

プッチン(。^。)コケ!

切れた(;O;)

そういえばリーダー兄貴に貰った1.75号(;゜)ウッ!

いつもリーダー3や4号も使う僕なのですが…

忘れてました(Q_Q)↓

そして僕がラインシステムを変えてる間に江口さんも来た~

これもかなりデカイ(℃

そしてジェット噴射に耐えながら走られ…

プッチン(。^。)コケ!

江口さんも切られた(>_<)ゞ

なんと江口さんはピーラインから…

江口さんはピー0.5号?そら切れますよと話しして

鹿児島アベレージデカイから舐めたらだめですよと話しすると…

僕も切られて説得力なし(^◇^;)

しかし江口さんのはデカかった軽く2キロは超えてました!

その後二人とも当たりもなく終了(^_^;)

江口さんは長崎に行くため早々に立ち去っていきました!

しかしでかかった(;_;最初のランが全然違いました…

久々の2キロオーバーだったのに(/_;)

明日またリベンジします↑

種子島に行ってきました~

仕事で種子島行ってきました!

しかし残念なことに日帰り(;O;)

せっかくデカイカのっこみ時期なのに…

とりあえず市場をのぞくと

Photo_16 五キロきた~(゜ロ)ギョェ

さすがはデカアオリ天国!

しかしここでは7・8キロが普通にあがるらしい…

更にデカアオリの多さを物語る

3キロサイズがあふれんばかりに(℃

Photo_17 まじびびります(゜;)エエッ

ほんと一泊でもできれば…

このデカアオリに少しでも近づけたのに(;O;)

その他にも…

すべてがビックサイズ!

Photo_18 コウイカですが…

キロ数は計るまえだから…

わかりませんが3キロは余裕だとおもいます(・0・)

このポテンシャル秘めた種子島近々遠征して

仕留めたいとおもいます!

エギングセミナー

今日は、鹿児島初のエギング講習会です~

鹿児島は昔から100年の烏賊引きの歴史があり

釣りの好きな方は一度ぐらいは烏賊釣りはした事がある?

というぐらいなじみの深い釣りの一つ

そんな歴史の深い町だからこそなかなかエギングが受け入れられないところが…

そこでこの釣りをもっと知ってもらいこの釣りの可能性広げるために

今回セミナーて形を取らして頂きました!

Photo_14 お陰様で38名の方々に参加して頂き…

遠くは志布志・宮崎から来られた方や国分など

遠方からの参加本当に有り難うございました!

今回はじめてという点もありなにかと不慣れな部分が

ありご迷惑おかけしましたが…もし次回がある場合は改善していきたいと思います!

Photo_15 しかしみなさんの熱心さには正直嬉しかった次第です!

また僕自身ももっといろんな方とお話できたらよかったの

ですが…今後防波堤とかで見かけたら気軽に

声かけて下さいね~

また僕自身ももっともっと烏賊を釣ってスキルあげていきたいと思います!

本当に有り難うございましたm(__)m

平鱸の可能性に迫る!

昨日久しぶりに平鱸を釣り!

改めてこの釣りの楽しさをかいま見た…

さて今日はひき続き平鱸ネタ(^-^)

つい最近の話しでこの間なにげなく定置をみてると…

96 なんと平鱸の96センチを発見(;゜)ウッ!

正直こんなん平鱸見たのはじめてだから

網とはいえびびりました(゜ロ)ギョェ

こいつの特徴は顔がでかく尻尾も大きい…

いわゆる移動中の魚で…まだ若い個体でした!

おそらく網に入らなければメーター越えた貴重な魚でした(・O・;残念…

Photo_10 そしてこの日はなんと…

もう一匹93センチがいました(゜ロ)ギョェ

この魚は魚体のわりに…

顔・尻尾は小さくいわゆるイツキの魚でした!

なによりも驚いたのは同じ場所に90オーバーがいるのが驚きでした(・O・;

それも違うタイプの魚!

鹿児島は魚が多いため大きくならないと言われてましたが…

この魚を見せられて…再びスイッチが入った次第です!

今週日曜日まで平は取っときます(^^)

平鱸のお話!

平鱸はサラシを狙えが…世間での常識だぁ!

そのため時化た日は磯へ行く~釣りが10年近く続いている

今から15年まえザ・フィッシングで、村越さんが五島の平を紹介してたのが…

僕がはじめて見た平鱸釣りでした!

その映像が衝撃的でずーと頭に残りいつかは…と考えていました。

それから月日は流れ…僕の平鱸に対する憧れが

僕を磯に向かわせる…来る日来る日も磯へ行くが…

釣れず(T.T)半年たっただろうか?

なにげなく行った磯にルアーを通すと

「ガッツン」とあたり(℃

マジ…(℃

そこからは以外と冷静で…

10分ほどやりとりして浮いてきた魚が…

約70センチほどの平鱸でした(;O;)

002  それから自分に…

年間100本とか?年間80センチオーバーを20本とか?

どんどんハードルを上げて行き…

いつしか平鱸に対する情熱が薄れてきたこの頃でした…

ところが今日!ある事件が起きた…

「平鱸はサラシを狙え」とビデオを発売してるほど…

平鱸にはサラシが重要と考えてたこの釣りに‥

根本的にこの釣りを覆す事件が起きるヾ(℃゜)々

そう今日サラシがない条件かで平鱸が連発したのだ(゜ロ)ギョェ

バラシも多かったがチェイスだけではサラシが広がる時と

変わらないぐらいあった(・O・;

これは僕の10年間の釣りを否定するやり方で…

というより今世間のひとがやってるる平鱸釣りを

真っ向から覆す可能性のやり方だ!

詳しくはこの釣り方もっと確立した時紹介します。

ちゅうかまじ驚きました(゜ロ)ギョェ

幻のワールド記録(;O;)

最近変なツキがある…

これにはちょっとした理由があり?

近々…お話できたらと思います。

さて今日は最近ハマってる?鯛ラバ釣行に行った話しです。

0131 この日は無風快晴!

そして潮は小さく絶好の鯛ラバ日和です(^^)

ポイントまでは船で5分ぐらいとかなりお手軽な場所です。

船長は朝マズメをやらせたらしく…しかしまったく当たりはありません(__;)

というのはどうやら鯛ラバに釣れる鯛は、日が昇ったほうが活性が高いと

かく著名人から聞いていたので…日が差してから勝負です!

案の定最初のファーストヒットは8時ぐらいでした…

あのどくとくのあたり…

「ど・ど・ど・ど・ど・ど・・・・」と竿を叩くようなあたり?

そしてここで合わせず、リーリングスピードを変えず数秒間たえます‥

すると最後には、竿を絞り込むような持っていきかたをします!

そこで…「ビッシ」とあわせると…

0151 このような感じでフッキングします(^^)

これは2.4キロぐらいのまあまあサイズです(^^)

それから当たりが連発します!

2キロ、手のひら多数…そしてフエフキ、赤ヤガラ、と予測どうりの外道天国です(^_^;

0141 そして10時を回った頃状況が一変します…

さっきまで流れた方向と違う潮が入りはじめた瞬間

強烈な(℃あたりが…

あきらかに先ほど魚とは違う感じです!

あわせを入れてやりとりすると…痛恨のバラシ(;_;)

すかさずフォールさせて…再びリーリングすると…

またしても強烈な当たりが…

今度こそは慎重にとやりとりすると…

またしても痛恨のバラシ(>_<)

なんで~とラバージグを回収すると…

二本とも針伸びてましたヾ(℃゜)々

これはあかんと思い…違うラバージグ沈めると…

「来た~」と今度こそと慎重にと…やる前にブッチ切られました(Q_Q)↓

マジで(゜;)エエッと思い、自分が持ってるラバーのなかで…

一番ごっつい針のついた鯛ラバーを投入すると…

「来た~」(℃…普通ここでど・ど・ど・ど・・と持っていくはずの鯛が

ドン・ドン・ドン・・・ビュー見たいな(・O・;

勝手に走りはじめました(;゜)ウッ!

水深60メートル付近でヒットし…

あっという間に120メートルぐらい走られました(゜ロ)ギョェ

そこからも少しずつ走られ…だんだんラインなくなっていきます!

普段ならかなり太仕掛けなのに…この日はピーライン1.2号にフロロ3号っす(;O;)

ほんとアホなラインシステムで望んだ…自分を呪います。

10分ほどして船長がこれは鰤ちゃう?といい!

たしかに横走るなあと思いながら船長が船で追ってくれます!

ようやく観念したのか…浮いてきました!

時間はすでに15分は経過してます…

魚体を見ると…鯛(℃

それもかなりデカイヾ(℃゜)々

0181_1 あきらかに鯛のランカーサイズ!

ようこのシステムで釣れたな~って言うぐらいサイズでした!

早速船長の腐ったバネばかりではかると…

約8キロ近い大物(゜ロ)ギョェ

0211 軽く80センチは超えてました(^0^;)

まさかこんなトロフィーサイズがヒットするなんて…

自分でもびっくりです!

そしてここからあるドラマが…

0171 岸に帰り船長が、クーラーボックスに入れたると

聞かないんですよ^_^;

しかたなしに小さい鯛は当然締めてもらいます!

最後に釣った鯛は触らんとこと思ったやっさきに

ぶっすう~とやられ(>_<)ゞ

血がビュービューでます(T.T)

また悪いことにクーラーの氷とけて水氷になってました。

陸にあがり再び計ると7.2キロしかありません(;。;)

その後友達に電話し…日本記録を調べてみると

なんと7.4キロ(20ポンドくらす)

ほんとおっちゃんたいがいにせいや!ちゅう話しでした…

もしもまともに計って申請したら20ポンドクラスの世界記録でした(>_<)ゞ

まあまあ鹿児島はこんなん普通に釣れますよ~と言えるぐらい

頑張ります(^^)

やったぜ!ショアラバマダイ6キロ?

今日市場へ行くと鯛の入荷漁が半端じゃない(℃

Photo_7 鯛というのは基本ベタ凪のほうが…入荷は多い!

というのは釣りはもちろん

ごち網って漁方で取ってくるから

根こそぎで大小なんでももってくる!(`ヘ´)

これがなくなればもう少し鯛は増えて値段も安定するのにね!

この入荷漁を見て一瞬ひらめいた(^^)

今日鯛釣りいったら釣れるのではと…

最近新聞でもかなり上向いているとかいてあるし…

これは勝負!ショアラバーに挑むことに!

実は最近良いこと悪いことが極端におこり、行く前にちょっとブルーなことが…

あり少し迷いましたが、釣りでうさばらしと行くことに…

現場に着く前に餌釣り氏とすれ違い

今日の釣果をきくと…手のひらぐらいのマダイが3匹と言う(¨;)

まあ手のひらでも釣れてるならと…とりあえず釣ることに

現場に着くととほとんど潮は、流れておらず大丈夫かなと思った…

数投目…

「ど・ど・ど・ど・ど・ど~」

と独特のあたりが…

「ほんまかいな?」と心なかで叫ぶ

そしてスピードを緩めず巻きつづけると…

一気に竿絞りこみ「いまや~」と

「ビシッと合わせる」とビューとどんどんラインを持っていかれる(℃

すかさずドラッグ調整にはいり、カンパチか?

最近逃げてるしと思いながらやりとりすること5分!

正直腕が痛くなってきて早く浮かせたい?

しかしラインはあと40メートルぐらい沖(;。;)

竿もシーバス用の8,6フィートだし無理はできない…

10分たっただろうか?ようやく手前に寄ってくる

自分のなかではカンパチかオオモンハタと予想してたころ…

浮かせて見てびっくりヾ(℃゜)々

マダイやんけ~それもかなりビッグ(゜ロ)ギョェ

そこから少し焦りましたが(;゜)ウッ!

正直平鱸よりは引かないので多少の余裕はありました(^◇^;)

空気を吸わせ横になったところ、たまたまあった烏賊ギャフで引っ掛け…

ランディング成功(^^)

Photo_8 その瞬間1人でガッツポーズ!(。)カンドー

70センチは超えてるマダイを…

ショアから鯛ラバーでってのが嬉しかった(;O;)

早速感動のあまり僕に鯛ラバーを教えてくれた

大塚さんに電話し…言葉にならない喜びを伝えた(^^)

Photo_9 まさかこんなサイズがはじめてきて釣れるなんて…

この鹿児島というフィールドに感謝m(__)m

その後一回り小さな60センチぐらいを追加し終了しました(^^)

最近烏賊釣りばかりの毎日だったので

新しいこの釣りが開拓できた喜びは大きい(^^)

またショアでも通用することがわかったのが

今日の大きな財産です!

ほんと僕に鯛ラバーを教えてくれた二人には感謝ですm(__)m

ちなみにこの鯛20ポンドクラスの記録みたいなので

近々申請します(^^)

やったぜ!アオリ3.2キロ~

今回も勝手に1人烏賊合宿!

性格的にぱっと思いついたら我慢できなくなり~

行動するタイプのため(__;)

1人での釣行が多い…

今回は昨日市内でもいいサイズがあがってると聞き…

ということは湾内もかなりうわずってきてるなと

考えての釣行!

おまけに西風が強くいい感じにシケてきてるし…

これはと思い気になる場所へ早速入ることに…

あせってるのかギャフは忘れ(..;)

カメラも携帯も車の中(¨;)

まあいいかなと思い釣りスタート!

3投目キャストしようとしたとき

ここは深いからミッドのディープに変えようと思いかえて

底を取りスラックジャークしてカーブフォールした時…

「ドーン」(℃

と烏賊パンチを食らう(・o・)

すかさずスラックジャークするが…あたりはなし

そこで近くに烏賊がいるだろうと想定し

激しくエギを横にダートさせて

興奮させた…イメージでエギを回収!

そしてさきほど当たりがあったほんの少し先に

キャストしエギを着低し…再びスラックジャークをすると

カーブフォールさせてる途中でラインがすーっと入り…

そこでひと呼吸おいて「ビッシ」とあわせる

「来た~」(℃最初はズーンと重たいだけでしたが

徐々にジージーラインを出しはじめる

僕のシステムはピーライン1.5号にフロロの4号なので

まず切れる心配はないので結構余裕でファイトしました

5分もたたないうちにやつが浮いてきて

見ると明らかにデカイヾ(℃゜)々

ここで事の重大さに気づき…

ここからかなり慎重ににやりとりしました(気づくのが遅かった(^_^;?)

ようやくゴロタのほうでハンドランディングすると

あきらかに2キロは余裕で超えてると思い

桜島の釣り公園で計ってもらうと

0181 来た~「3.2キロ」(゜ロ)ギョェ

公園のおっさんも最初はまあ2キロあるかね~

みたいなな感じで計り3キロ越えてるの見て

「3キロ~おおお」見たいな感じでした

そこからこのおっさんに写真取ってもらうのですが…

0241 約7枚とりなおししてもらい(;O;)

まともな写真は一枚もなし(;。;)

頭が切れたり烏賊が切れたりで…

最後おっさんに「じゃあ全体を入れて下さい」と頼むと…

今度は親切丁寧に桜島フェリーをいれてくれるサービスぶり(゜◇゜)ガーン

「俺は観光客じゃないやん」と心のなかで思い(>_<)

これ以上たのんでも無理と判断しあきらめました。

まあなにはともあれ、とりあえず目標の3キロ越えたことで

ほっとしました(^^)

実はこの日次男の一歳の誕生日で!

息子が釣らしてくれたじゃないかと思ったたら

ちょっと「ウル~」きたとこです(;_;

いよいよ今度は3.5キロ越えかな~

しかしそろそろ平鱸をやらないとね~

久しぶりのカマス~

またまた行ってきました~

烏賊合宿(^^)

実は凄いの取れたのですが…

報告は明日にでもm(__)m

今日は3年ぶりにまじめに釣ったカマスのお話!

ここのカマスを見つけたのは、今から約6年前?かな

たまたま平鱸釣っていたら見つけたって感じ

最初は見えるだけでなかなか釣れない…(;_;)

しかし僕の友人の杉浦さんがまず攻略してくれた…

その後自分で通い詰めて、あることに気づいたのです。

なるほど…ちょっとヤマメ釣りに似てるかなってとこがヒント!

それから行くたびに普通に釣れるよになり、魅力がなくなりました

そして今日久しぶりに狙って見ようと思ったのは…

この間からナブラが凄く、烏賊釣りに集中していたのですが…

今日はついに我慢ができずに、ルアーをキャストしてみると…

「ヒット~」(℃~!

一投目からきました!

やはり今の時期はサイズがよいし、よく引きますね(^^)

その後30分ほど入れ食いになりました。

0291 そして本日最大となる…

54センチをキャッチ(^^)

ちなみに、このカマスのこの辺での

僕の自己記録58センチ!

しかしこのカマスは、僕が市場で見た最大は…

0331 なんと80センチオーバーの3.2キロヾ(℃゜)々

このサイズを求めて10年前屋久島まで遠征しましたが…

湯泊にてフライで釣った63センチが最大!

その後あまりサイズにはこだわらなくなりました

あとこのカマス釣りの楽しいところは…

0371 脳天気に数釣りできるところ!

今日なんかもかなり条件的には

全然悪くないのですが…

もう少し濁りがあればもっと釣れたと思います!

401_0221 ちなみにこの左の写真は…

4年前に杉田さんと2時間で150匹釣りした時のもので

イグロの56リッターが満タンにしましたヾ(℃゜)々

当然二人は釣ったことを後悔し(;_;)

夕方から三時間カマスの捌きの地獄に会いました(;O;)

今日はたった9匹なので楽勝ですね~(^^)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

顔文字教室

お気に入りのサイト

最近のトラックバック